依頼の費用

構想を練る

名札の製作に所要する依頼料は目安として安くて1個500円弱となります。2層アクリルやプラスチックの素材であればこのような低料金での製作が成り立ちます。特に大学でこうした名札製作を扱っている場合などは殊更に安値で利用することが可能です。 名札製作は主にはんこ屋で扱っているものの、家庭で気軽に印刷を行うことができるようになったこともあって近年ではこれで収益を挙げることが難しい状況となっております。そうした事情もあって顧客が値引き交渉を持ちかけたとしても業者の方は収益を出せないよりマシだと思ってか断りきれずに応じるケースもあります。価格交渉の技術や積極性によっては相場をはるかに下回る依頼料を支払うのみで済みます。

名札製作を行う業者の中でも老舗の部類となると100年以上の歴史を誇ります。戦前までは名札と言えば木製がざらであったものの、戦後以降はプラスチック製やアクリル製のそれが一般化するに至りました。 平成になってからは前述したように一般家庭でも印刷技術を使用することができるようになり、2000年代に入ってからは小学生を狙った通り魔事件などの社会問題を受けて小中学生が名札を付けるという慣習が廃れていきました。 名札の製作技術の1つである印刷技術は年々向上しているものの、皮肉にもそれによって却って業者の立場が狭くなってしまっております。そしてごく稀な頻度起こるに過ぎない通り魔事件を受けて名札文化が失われてゆくという現実が立ちはだかっております。