ネットで注文

メモを取る

今までは、そこまで配る事がなく、高級感があった物が多かったのが名刺ですが、最近では、激安の価格競争となっています。 50枚で900円台とびっくりするような価格で、更に10時までに注文を入れるとその日に届けてくれます。 15時まででも次の日には届きます。 ネットでは、紙の質を選べたり、デザインのひな形が用意されていて、選ぶだけでそのデザインの名刺が出来るようになっています。 紙の質を高級な分厚い名刺にし、デザインも少し凝った物にして印刷をお願いしても50枚で3000円以内と激安となっています。 自分で作る方はデザインが気に入った物がないからと自分で作っているかたもいますが、今は名刺のテンプレートだけで200種類以上用意されているので選ぶだけでもすごくおしゃれです。

昔は名刺を持っていることがステータスで大概のかたが持っていませんでした。 分厚さが価格に比例しており、分厚いと高いと決まっていました。 最近では、分厚いだけではなくデザインやアクセントに凝ったものまで出ています。 ただし、ネットの普及で激安の戦いが始まってしまった為に作り手側は苦しく、たのみ手側ではうれしい状態です。 そして、分厚さだけが高級感だった時代と違い、ラインストーンをくっつけたり、パンチで開けたデザイン穴のような切り抜きがあったり、金箔が貼られていたりと今では見た目に派手な物も多くなっています。 ただし、そこまで凝っていても価格は5000円以内で激安には変わりありません。 ネットでの注文がなくならない変わり激安ムードは変わらないでしょう。